石川県認定のエコファーマー


米田ファームの米田さんは石川県が推奨する石川エコ認定方式でお米を栽培しています。 「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づいて、石川県知事から認定を受けたエコ農業者の米田ファームでは、3つの基準に満たした栽培方法で石川エコ認定の米を栽培しています。

たい肥などで健全な土づくりを行う

有機質肥料などで化学肥料の使用量を通常の3割以上減らす

化学農薬の使用量を通常の3割以上減らす

ひかり太陽の有機米糠発酵肥料も、エコ認定方式による米田さんのお米づくりに採用されています。



種籾からのこだわり


さらに、米田さんの美味しいお米づくりへの探求は、毎年、種籾の段階から始まります。「温湯種子消毒」という方法で、農薬を使用せず種子消毒を施します。病気の原因となるカビや細菌から種子を守るためのものですが、湯の温度と時間への気くばりや確実な作業が必要です。米田さんの「美味しい米を届けたい」の想いが種子の消毒方法からも感じられます。



粋と繊細さ



このように丁寧に米づくりと向き合う米田さん。ちょっぴりシャイのナイスガイです。稲刈りの繁忙期に尋ねると「写真なんか撮らんでいいよ〜」と、冗談半分に威嚇(?)。振り出した雨に撤退した取材班を心配して「雨降っちゃって出来なくなっちゃたよ〜」と言いながら、作業所に戻り椅子を出してくれました。20世紀の建築家の椅子っぽいクールなデザインからも、米田さんのセンスが感じられます。

能美平野で繰り広げられる40町歩の米づくり。100%有機質肥料で稲の生育を促しながら、米田さんの粋と繊細さが込められた特別栽培米・石川エコ認定品のコシヒカリが生まれています。地元の人からは「この人こだわっとるよ」「面倒くさいことやってくれる」と絶大な信頼を受け、お米ファンを持つ米田さんです。
今年から息子さんが農場に参加!「まだ何もわからないんで、質問は父にお願いします」とチャーミングな笑顔を見せてくれました。

「自分の好きな人生を送りたいから」で始めた米づくり。経営感覚を持ちながらこだわりも捨てない、そんな米田さんは稲刈り後も初冬まで田んぼに出て翌年に向けた作業をします。好きな車や海外での休暇など“人生を遊ぶ”ことも大事にしています。



米田ファームのお米はこちらから







農事組合法人 米田ファーム

〒923-1247 石川県能美市出口町イ6 [TEL]0761-51-3057